丹波

  • 印刷
あんどんの周りで踊る地元住民たち=11日夜、丹波篠山市北新町(撮影・綱嶋葉名)
拡大
あんどんの周りで踊る地元住民たち=11日夜、丹波篠山市北新町(撮影・綱嶋葉名)

 コロナ禍で、名物の「総踊り」を中止した兵庫県丹波篠山市の「デカンショ祭」の代替イベント「オンラインデカンショ」が15日、市内で催される。コロナ予防のためライブ映像などを動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する。本番を前に、水上あんどんやちょうちんなど、多彩な装飾が城下町の夏を彩っている。

 篠山城跡の堀には、水上あんどんを配置。石垣には「デカンショ祭」と記された巨大な幕が掲げられた。市中心部の商店街では、市内の児童が描いたあんどんを軒先につるした「小学生あんどんストリート・コンクール」も展開している。

 「オンラインデカンショ」は15日正午~午後9時、多彩な動画を配信。メインイベントは、市内7カ所から、市民による37グループが篠山城跡三の丸広場を目指し、踊り歩きながらリレーする「デカンショの道」(小雨決行)。市民らがデカンショ節の歌唱を競う「オンラインのど自慢」は午後2時から、地元の和太鼓グループ「鼓篠(こじょう)組」による演奏は午後7時半から、それぞれ配信される。午後8時からは、打ち上げ場所を発表しない「シークレット花火」もある。市担当者らは「さまざまな思いを、来年の祭りへとつないでいきたい」と話している。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ