丹波

  • 印刷
丹波篠山市が作製した缶バッジ2種
丹波篠山市が作製した缶バッジ2種

 兵庫県丹波篠山市は今春、ツバメとカワセミを「市の鳥」に制定したことを記念し、啓発グッズとして「和紙ファイル」と「缶バッジ」を作製した。いずれも市鳥2種をあしらったデザイン。担当者らは「市の鳥に親しみ、丹波篠山に愛着を持って」とPRしている。

 和紙ファイルは、和紙製のA4サイズ。子育て中のツバメと水辺にたたずむカワセミを、水彩画風に表現し、それぞれの体長や生態を解説。鳴き声も「チュチュピッチュチュピジクジクピー」(ツバメ)などと紹介している。2300枚を作り、市内の全中学校の生徒らへ手渡した。一方、缶バッジは2種類計4千個を作製。どちらも直径約3センチで、市内の幼稚園や小学校で配布した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ