丹波

  • 印刷
四重唱を披露する「VOCAL QUARTET NOSTOS(ノストス)」のメンバー=お菓子の里丹波ミオール館
拡大
四重唱を披露する「VOCAL QUARTET NOSTOS(ノストス)」のメンバー=お菓子の里丹波ミオール館

 プロの音楽家たちが兵庫県丹波地域で音色を奏でる、秋のイベント「丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば2021」(神戸新聞社など後援)が26日、開幕した。お菓子の里丹波ミオール館(丹波篠山市東吹)ではオープニング・サロンコンサートが開かれ、来場者は歌手が披露する四重唱や独唱に聴きほれた。

 同イベントは丹波地域の住民や行政、音楽関係団体などでつくる実行委員会が1995年から開催しており、今年で27回目。

 コンサートには、今年のフランツ(メインアーティスト)を務める老田裕子さん(ソプラノ)や畑儀文さん(テノール)、城村奈都子さん(ピアノ)ら5人組の「VOCAL QUARTET NOSTOS(ノストス)」が出演。シューベルト作曲の「踊り」「結婚式の焼肉」のほか、日本の童謡メドレーなどを高らかに歌い上げた。

 丹波市の女性(86)は「丹波ではプロの音楽を聴くことはなかなかない。ハーモニーが素晴らしく、夢のようだった」と感激していた。

 イベントは11月13日まで。街角やホールでのコンサートなどを予定している。(川村岳也)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ