丹波

  • 印刷
「第1回丹波篠山クラフトヴィレッジ」のポスターを手にする工芸家ら=丹波篠山市役所
拡大
「第1回丹波篠山クラフトヴィレッジ」のポスターを手にする工芸家ら=丹波篠山市役所
工房を公開する革工房「スロースレザーファクトリー」=丹波篠山市川北新田
拡大
工房を公開する革工房「スロースレザーファクトリー」=丹波篠山市川北新田

 「作り手と使い手が出会い、つながる場に」と、兵庫県丹波篠山市の工芸家たちが「第1回丹波篠山クラフトヴィレッジ」を30日~11月3日、市内各地で開催する。それぞれの工房を5日間公開するほか、30、31日には王地山陶器所(同市河原町)でクラフトマーケットも開く。関係者らは「工芸は暮らしに寄り添い、日常を豊かにするもの。もっと身近に感じて」と思いを語る。

 陶芸家・加古勝己さんらが委員会を設け、企画。陶芸・木工・ガラス・染色・革細工などの作家や職人らが参加する。市内では今田町が丹波焼の里として名高いが、豊かな自然や環境に魅了され、丹波篠山へ移住し、工房を開いた作家も少なくないという。

 「オープンファクトリー」と銘打ち、作品制作の現場を公開するのは、焼き物の「大雅工房」(同市今田町下小野原)▽木工の「居七十七(いなとな)」(同市大山上)▽ガラスの「ソウ・アロー」(同市口阪本)▽手作り腕時計の「レオ・クラフト」(同市向井)-など30カ所以上。公開日時は工房で異なる。イベント地図を片手に巡ってもらう。期間中、催しに協賛する周辺の飲食店などで地図を見せると割引サービスもある。

 マーケットには両日、約10の工房が出店し、自慢の作品を販売。カフェコーナーも設ける。マーケットは午前10時~午後4時。工芸家らは「来年以降も続け、秋の定番イベントにしたい」と話している。マップは市内の観光案内所や参加工房で配布中。問い合わせはメール(tscvill@gmail.com)へ。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ