丹波

  • 印刷
配色や柄など、作者の個性が光る丹波布が展示されている=丹波市青垣町桧倉
拡大
配色や柄など、作者の個性が光る丹波布が展示されている=丹波市青垣町桧倉

 国指定の無形文化財「丹波布」の展示会が、兵庫県丹波市青垣町桧倉の高源寺内の丹丘荘で開かれている。「丹波布技術保存会」の作家20人の個性が光る作品22点が並ぶ。14日まで。

 紅葉狩りなど、秋の高源寺を参拝する人たちに丹波布の良さを知ってもらおうと、同保存会が企画した。丹波布は農作業の合間の手仕事として、同市青垣町佐治地域を中心に発展。手で糸を紡ぐ▽草木で糸を染める▽手で織る▽緯(よこ)糸(いと)の一部に「つまみ糸」と呼ばれる絹糸を使う-の四原則を守り、作られる。

 会場には、同会の認定を受けた20~80代の作家の作品を展示。着物に仕立てられる「着尺」、帯になる「帯地」の2種類で、丹波の景色から着想を得たものや、季節に合わせた色合いのものなどがある。染色の濃淡や、経糸(たていと)と緯糸の太さを変えるなど、手作業ならではの工夫が細部にうかがえる。

 会場に訪れた女性(71)=同市=は「(丹波布は)渋い色が多い印象だったけど、梅や桜など新しく明るい色の作品もあってすてきでした」と話していた。

 高源寺への入山料300円が必要。午前9時~午後5時。(谷口夏乃)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ