丹波

  • 印刷
ロックバンド「キュウソネコカミ」の5人。中央が丹波篠山市出身の岡澤和真さん
拡大
ロックバンド「キュウソネコカミ」の5人。中央が丹波篠山市出身の岡澤和真さん
尺八奏者の井本蝶山さん
拡大
尺八奏者の井本蝶山さん

 人気ロックバンド「キュウソネコカミ」と女性尺八奏者井本蝶山(ちょうざん)さん(30)の「丹波篠山ふるさと大使」就任式が18日、市民センター(兵庫県丹波篠山市黒岡)である。「丹波篠山市民の日」のイベントの一環で、井本さんの演奏のほか、酒井隆明市長を交えた大使らの座談会がある。関係者らは「若い世代に、丹波篠山を知ってもらうきっかけになれば」と期待している。

 キュウソネコカミは、地元出身のギタリスト岡澤和真さん(33)が所属する5人組バンド。関西学院大軽音楽部の同期らで結成し、2014年にメジャーデビュー。独特のテンポや変則的な歌詞の曲が若者らに支持されている。

 今年6月、市内のホールで初の凱旋(がいせん)ライブが実現。岡澤さんがステージで「(丹波篠山の)観光大使に就任が決まりました」と叫び、その後「ウソだよ」と種明かしした。ゲスト出演した酒井市長がライブ後、大使就任を持ちかけた。冗談のつもりが現実となり、まさに「嘘(うそ)から出た実(まこと)」に。

 井本さんは丹波市生まれ。10歳から都山流尺八を学び、15歳のとき、史上最年少で師範試験に合格した。2008年、オーストラリアで開かれた尺八フェスティバルの世界大会で優勝した経験もある。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程を修了し、関西を拠点に国内外で活動。両親が現在、丹波篠山市在住で、市内のライブにもたびたび出演している。

 就任式では、市長から委嘱状が手渡される。座談会には、既にふるさと大使として活動するタレント熊谷奈美さんも加わり、丹波篠山市の魅力などについて語り合う。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ