丹波

  • 印刷
山本二三さんが丹波市のガバメントクラウドファンディングで描いた水分れフィールドミュージアム=丹波市氷上町石生
拡大
山本二三さんが丹波市のガバメントクラウドファンディングで描いた水分れフィールドミュージアム=丹波市氷上町石生
山本さんによる「水分かれのいま」の線画(画像データをカラーコピーしたもの)
拡大
山本さんによる「水分かれのいま」の線画(画像データをカラーコピーしたもの)

 今年3月に新装オープンした「氷上回廊水分れフィールドミュージアム」(兵庫県丹波市氷上町石生)をPRしようと、丹波市が「ガバメントクラウドファンディング」を実施している。目標額は200万円。返礼品には、アニメーションの背景画家・美術監督の山本二三(にぞう)氏が描いた同ミュージアムの複製画(線画)などをそろえた。(真鍋 愛)

 同ミュージアムは、本州一低い中央分水界「水分れ」や、豊かな生態系を生み出す標高100メートル未満の低地帯「氷上回廊」などを紹介している。市は、施設の認知度を高めようと、山本氏に同ミュージアム周辺の風景画制作を依頼。山本氏が昨秋に同ミュージアムなどを訪れ、ラフスケッチを描いた。

 目玉の返礼品は、8点限定の山本氏描き下ろし風景画「水分れのいま」の高精細複製画(25万円)。複製画は着色され、ロットナンバーとサインが入る。風景画をプリントしたトートバッグと市内3施設の入館券などのセット(1万5千円)や、ポストカードとクリアファイルセット(5千円)などもある。

 集まった寄付は、山本氏の絵画制作費や同ミュージアムPRのグッズ製作費などに充てられる。山本氏は「(絵画を)ご覧いただく方に長く楽しんでもらい、『水分れ』を知る機会になれば」とコメントを寄せている。

 27日まで。ウェブサイト「ふるさとチョイス」から申し込める。寄付はふるさと納税制度を活用しているため、返礼品は丹波市民以外が受け取れる。市文化財課TEL0795・70・0819

■山本二三(やまもと・にぞう) 長崎県出身。1953年生まれ。テレビアニメ「未来少年コナン」(78年)で美術監督デビュー。スタジオジブリのアニメ映画「天空の城ラピュタ」(86年)や「もののけ姫」(97年)、細田守監督の「時をかける少女」(2006年)など、数々の名作に携わる。迫力のある雲の描き方に定評があり、ファンから「二三雲」と呼ばれる。

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ