丹波

  • 印刷
新しくなった第二鳥居をくぐる参拝客ら=柏原八幡宮
拡大
新しくなった第二鳥居をくぐる参拝客ら=柏原八幡宮

 半世紀ぶりの大規模修理「令和の大修造」が行われている柏原八幡宮(兵庫県丹波市柏原町柏原)で、第二鳥居の建て替えが完了した。竣工(しゅんこう)式も終え、できたばかりの朱色の鳥居が参拝客らを迎えている。

 同八幡宮では、前回の大規模修理から半世紀近くたち社殿などに傷みが目立ち始めたことから、昨年7月から修繕を始め、最初に着手したのが第二鳥居だった。

 新しい鳥居は全体を朱色に塗り、江戸時代当時を再現。上部に据えた、「八幡宮」と記された額の文字は、同八幡宮ゆかりの柏原藩3代藩主、織田信勝の筆跡を採用した。

 同八幡宮の千種太陽禰宜(ねぎ)は「新しい鳥居も地域に広く親しんでもらえるようになれば」と話していた。

 同八幡宮は今年以降、本殿の修理に着手。2024年の完成を目指している。(川村岳也)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ