丹波

  • 印刷
「陶」による大型作品で空間を構成した「清水六兵衛展」の会場=兵庫陶芸美術館
拡大
「陶」による大型作品で空間を構成した「清水六兵衛展」の会場=兵庫陶芸美術館
建築模型にも似た作品=兵庫陶芸美術館
拡大
建築模型にも似た作品=兵庫陶芸美術館
建築的、SF的ともいえる陶製オブジェ
拡大
建築的、SF的ともいえる陶製オブジェ

 現代アートや現代建築にも通じる立体や空間の表現で独自の世界を切り開く陶芸家、八代清水(きよみず)六兵衛さん(67)=京都市=の作品展が、兵庫陶芸美術館(兵庫県丹波篠山市今田町上立杭)で開かれている。会場には、「陶」で構築された大型作品が点在し、シンプルながら、豊かで奥行きのある空間を形作っている。(堀井正純)

 京都の清水焼を代表する歴史ある窯元・六兵衛窯の8代目。2000年に襲名した。早稲田大学理工学部建築科を卒業後、本格的に陶芸の道へ進んでおり、「作品には建築的な要素も少なくない」と同館の村上ふみ学芸員。

 作品は設計図面に合わせ、「タタラ」と呼ばれる土の板を正確にカットし、結合させて焼く。重力や焼成の熱で生じるゆがみやへたりも、意図的に作品造形に取り入れている。

 会場に並ぶ作品約20点は大小さまざま。近年制作の「赤容陶姿A」や「輝白陶姿24-B」などは、高さ30~40センチほど。複雑なフォルムの抽象的で幾何学的なオブジェにも見えるが、器として用いることも可能だ。

 一方、複数のパーツ、ブロックを組み合わせ、構成した大型作品は、シンプルかつモダンでありながら、どこか古代の神殿や遺跡に似た趣も漂う。村上学芸員は「空間全体を作品として堪能してもらえれば」と話している。

 「八代清水六兵衛展」は2月27日まで。原則月曜休館。一般600円、大学生500円、高校生以下無料。同館TEL079・597・3961

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ