東播

  • 印刷
伝承のある井戸を調べた(後列左から)粟野勝介さん、安藤興一さん、(前列左端の)高田繁範さんと氏子ら=加古川市神野町福留
伝承のある井戸を調べた(後列左から)粟野勝介さん、安藤興一さん、(前列左端の)高田繁範さんと氏子ら=加古川市神野町福留

 奈良・東大寺二月堂の「お水取り」に使うとされる福井・若狭地方の聖水が、兵庫県加古川の神社の井戸に湧く-。福留日岡神社(加古川市神野町福留)の氏子の間に伝わる伝承を、県いなみ野学園(同市平岡町新在家)の大学院生3人が調べ、伝承が残る井戸の存在を広める活動を始めた。3人は「より多くの人に、歴史あるロマンを感じてほしい」と話す。(津田和納)

 3人は、高田繁範さん(72)=同市平岡町高畑▽安藤興一さん(70)=同町土山▽粟野勝介さん(72)=明石市魚住町。

東播の最新
もっと見る

天気(3月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ