東播

  • 印刷
おなじみのギャグで生徒と交流する吉本新喜劇の吉田裕さん(右)=高砂南高校
拡大
おなじみのギャグで生徒と交流する吉本新喜劇の吉田裕さん(右)=高砂南高校

 兵庫県高砂市出身で、吉本新喜劇に出演する吉田裕さん(38)が17日、母校の高砂南高校(同市西畑2)の文化祭にサプライズで登場し、生徒と交流した。新喜劇でおなじみのギャグを披露して爆笑を誘い、後輩たちに「自分の好きな道に自信を持って進んでほしい」とエールを送った。

 夢をかなえた先輩に会いたい、と生徒会のメンバーが昨年から2度にわたって手紙を送って実現した。

 全校生徒約千人は何も知らされずに体育館に集合。文化祭の出し物として生徒が新喜劇風の芝居をしている最中に、突然吉田さんが現れ、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。舞台で定番のギャグ「ドリルすんのかいせんのかい」を生徒らと息を合わせて披露。プレゼントの抽選会などでも交流した。

 吉田さんは「卒業文集に『自分の夢に胸をはれ』と記した。夢を持つ勇気と大切さを後輩に感じてもらえたら」と語った。手紙を出した3年生の女子生徒(17)は「一生の思い出になった。自分の仕事に誇りを持っていて尊敬できる先輩です」と喜んだ。(津田和納)

東播の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ