東播

  • 印刷
健闘を誓う那賀裕司主将(左)と守安玲緒投手=高砂市役所
拡大
健闘を誓う那賀裕司主将(左)と守安玲緒投手=高砂市役所

 社会人硬式野球チーム「三菱重工神戸・高砂」の選手や監督ら7人が26日、兵庫県高砂市役所を訪れ、社会人野球の頂点を目指す第88回都市対抗野球大会への出場を登幸人市長に報告した。4年連続34度目の本大会出場。登市長から市旗と大会出場のための推薦状を受け取り、健闘を誓った。

 同大会予選には全国から334チームが参加。予選を勝ち抜いた32チームが、7月14日から東京ドームで行われる本大会への進出を決めた。

 同チームは副主将でエースの守安玲緒投手(30)がけん引する粘り強い守備を武器に、8強進出を狙う。初戦は17日で、NTT東日本と対戦する。

 登市長は「存分に力を発揮すれば、必ず結果が出るはず」と激励。那賀裕司主将(27)は「2、3年目の若手の力を生かして勝ち抜きたい」と話し、守安投手は「神戸・高砂の代表として、精いっぱい頑張る」と力を込めた。(小尾絵生)

東播の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 32℃
  • 25℃
  • 40%

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ