東播

  • 印刷
日本郵便のキャラクター「ぽすくま」(右上)が見守る中、はがきを投函する園児=加古川郵便局
拡大
日本郵便のキャラクター「ぽすくま」(右上)が見守る中、はがきを投函する園児=加古川郵便局

 18日の「敬老の日」を前に、慈光保育園(兵庫県加古川市野口町良野)の年長組園児25人が12日、加古川郵便局(加古川町北在家)を訪れ、祖父母宛てに書いたはがきをポストに投函した。

 郵便の出し方を学び、はがきや手紙に親しんでもらおうと、同郵便局が市内の保育園などと毎年実施している。

 同郵便局を訪れた園児は、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」の着ぐるみに出迎えられ大喜び。ポストの前に並び、「いつもありがとう」などと感謝の言葉をつづったはがきを1人ずつ入れた。

 園児(5)は「(はがきには)『大好き、またおうちに来てね』って書いた。喜んでくれるといいな」と笑顔を見せた。(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 50%

  • 14℃
  • 9℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

お知らせ