東播

  • 印刷
活性炭の中にタイラギを差し込む大西良典さん=高砂市高須
活性炭の中にタイラギを差し込む大西良典さん=高砂市高須

 兵庫県高砂市の高砂、伊保漁業協同組合の各水産研究会が12日、大型の高級二枚貝「タイラギ」の養殖実験を始めた。高砂の海で大きく成育するかなどを確かめ、養殖の適否を3年間かけて判断する。漁業関係者は「新しい産業に育ってほしい」と熱い視線を送る。

 タイラギは貝殻が三角形をしており、主に貝柱が食用となる。大きなものでは体長30センチ以上に育ち、二枚貝としては高値の1キロ3千~6千円で取引されるという。環境省のレッドデータブックでは準絶滅危惧種とされ、有明海や瀬戸内海などが産地。近年、養殖の研究が進められている。

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ