東播

  • 印刷
工場地帯を背に、風を受けて走るヨット=高砂沖(実行委員会提供)
工場地帯を背に、風を受けて走るヨット=高砂沖(実行委員会提供)

 高砂沖の播磨灘で「万灯祭播磨灘ヨットレース2017」が、このほど開かれた。兵庫県内から18艇が出場登録し、約120人の愛好家が参加。7・2キロのコースを2回疾走し、船の性能と船員のチームワークを競った。

 かつて姫路沖で開かれていたヨットレースを復活させ、高砂の海辺ににぎわいを呼ぼうと、7年前から始まった。海文化の振興を図るNPO法人高砂海文化21Cや、姫路ヨット協会など計3団体でつくる実行委員会が主催。高砂市高砂町かいわいを明かりで彩る催し「たかさご万灯祭」(16、17日)の頃に開いている。

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 18℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ