東播

  • 印刷
たすきや名刺を手渡される小林祐梨子さん=加古川市役所
拡大
たすきや名刺を手渡される小林祐梨子さん=加古川市役所

 兵庫県加古川市は、同市の魅力をPRする「加古川観光大使」に、陸上の2008年北京五輪代表の小林祐梨子さん(28)を選び、19日に同市役所で委嘱した。結婚後の2015年から市内に住み始めたという小林さんは「大好きな加古川市の役に立てれば」と語った。

 小林さんは小野市出身で、須磨学園高校時代に女子1500メートルで日本新記録を樹立し、北京五輪で5千メートルに出場するなど活躍。14年に現役引退し、今年5月に第1子を出産した。

 委嘱式で岡田康裕市長は「スポーツ分野の観光大使は初めて。運動も盛んな地域である側面をPRしていただければ」とあいさつ。委嘱状とともに、大使用のたすきを手渡された小林さんは「たすきを着けて走っていた現役時には(駅伝で)29人抜きを記録しており、それくらい活躍したい」などと抱負を語った。

 加古川観光大使にはこれまで、お笑い芸人の陣内智則さんやラジオパーソナリティー谷五郎さん、将棋棋士の井上慶太九段らが就任しており、15人目。(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ