東播

  • 印刷
中日への入団が決まり、意気込みを語る高松渡選手(右)と浜の宮中野球部で監督として指導した廣居洋三さん=加古川市役所
中日への入団が決まり、意気込みを語る高松渡選手(右)と浜の宮中野球部で監督として指導した廣居洋三さん=加古川市役所

 プロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから3位で指名を受け、入団が決まった滝川第二高校3年、高松渡選手(18)=兵庫県加古川市在住=が13日、同市役所を訪れた。「少年野球、中学時代に教わったことや経験が今に生きている」などと地元の恩師らに感謝した。

 高松選手は、尾上小学校時代に少年野球チーム「浜手ロイヤルズ」で野球を始め、浜の宮中学校でも野球部に所属。高校でも内・外野手として活躍し、今夏の兵庫大会で4強入りに貢献した。甲子園出場経験は無いが、一塁到達まで平均3・8秒という俊足が持ち味で、プロチームからも注目が集まった。

東播の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 39℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ