東播

  • 印刷
香ばしい匂いを漂わせる焼きアナゴ=高砂市高砂町北本町
拡大
香ばしい匂いを漂わせる焼きアナゴ=高砂市高砂町北本町

 年の瀬を迎え、高砂名物・焼きアナゴの老舗「下村商店」(兵庫県高砂市高砂町北本町)で、調理や出荷作業がピークを迎えている。早朝から香ばしい匂いが漂い、帰省の土産やお節料理に買い求める客らでにぎわっている。

 同商店では、例年11月下旬ごろから出荷量が増えるという。食べ方はさまざまで、年越しそばに添えたり、茶わん蒸しに入れたりする。

 従業員はこの時期、午前5時ごろから作業を開始。さばいて串に刺したアナゴに秘伝のたれを塗り、両面をこんがりと焼き上げる。値段は1串1543円からで、1日800串が売れることも。

 同商店の下村晋平社長(61)は「12月に入り、天候不良で仕入れが不安定だったが、脂も乗って味はおいしい」と話していた。

 年内は31日まで。1月は6日から営業する。同商店TEL079・442・0124

(辰巳直之)

東播の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 0℃
  • 30%

  • 12℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ