東播

  • 印刷
改修計画が進む「県農発祥の地」の石碑=明石公園
改修計画が進む「県農発祥の地」の石碑=明石公園

 兵庫県立明石公園(明石市)に、石垣を背にそびえる1本の巨樹がある。北米原産の針葉樹「ラクウショウ」。高さは約25メートルあり、同種では県内最大。県の郷土記念物にも指定されたこの木は、約120年前、県立農業高校1期生が卒業記念に植樹したものだ。

 「当時としては珍しい舶来品。船便でわざわざ輸入したのかもしれない。1期生たちの気概が伝わりますね」と、県園芸・公園協会の大豊雅宏さん(58)が思いをはせる。

東播の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ