東播

  • 印刷
連携協定を結んだ(左から)播磨町、JA兵庫南、町漁協、町商工会の代表者=同町役場
拡大
連携協定を結んだ(左から)播磨町、JA兵庫南、町漁協、町商工会の代表者=同町役場

 兵庫県播磨町とJA兵庫南、町漁業協同組合、町商工会の代表者は12日、産業振興に関する連携協定に町役場で調印した。特産品の開発や地産地消の推進を協力して進める。県商工会連合会によると、農漁業団体と商工会、自治体による連携協定は県内で初めてという。

 各団体の人的・知的資源を相互に活用し、イベントなどの事業や調査研究で協力することで、産業や観光、文化、まちづくりの各分野で地域の発展を図る。具体的には、地元産の食材を町内の店舗で使用するための販路開拓の支援や、生産者と加工・販売業者をつなげた商品開発に取り組む。

 4団体代表の調印後、森田孝・商工会会長は「商工会推奨品の強化など、取り組みの幅を広げ、まちに貢献したい」と意気込んだ。清水ひろ子町長は「連携によって特色ある産品を開発できれば、ふるさと納税の返礼品などにも活用したい」と話した。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(2月21日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 40%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ