東播

  • 印刷
自分たちが作った料理を前に、「いただきます」と声を合わせる子どもら=高砂市曽根町
自分たちが作った料理を前に、「いただきます」と声を合わせる子どもら=高砂市曽根町

 地域の子どもたちと住民が一緒に料理し、食卓を囲む子ども食堂「きっず・きっちん曽根」が4月から、兵庫県高砂市曽根町の県民交流広場「そね.com(ドットコム)」で月1回開催される。27日にオープン前の集いがあり、小学生や地域住民ら約20人が一緒に鍋料理などを調理。同広場を訪れた人たちと会話しながら、にぎやかに出来たての食事を味わった。(津田和納)

 子どもの「孤食」を無くし、世代間交流を進めようと、近くに住む会社員の男性(44)が企画した。同地域での定期開催を目指し、市内で子ども食堂運営に取り組む市民団体「きっず・きっちんネットワーク」の有志らと曽根チームを結成。学校や自治会の協力を受け準備を進めてきた。

東播の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • -2℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 13℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ