東播

  • 印刷
長持ちに入ったご神体を運ぶ白装束の惣代ら=阿閇神社(撮影・辰巳直之)
長持ちに入ったご神体を運ぶ白装束の惣代ら=阿閇神社(撮影・辰巳直之)

 兵庫県播磨町本荘4の阿閇(あえ)神社で1日、本殿4社の檜皮(ひわだ)ぶきの屋根をふき替える改修工事が始まった。屋根の大規模なふき替えは約20年ぶり。工事に先立ち、31日夜には、ご神体を境内の恵美須(えびす)社に移す仮遷座祭があり、白装束姿の氏子惣代が、長持ちに入ったご神体を厳粛な面持ちで運んだ。(広岡磨璃)

 同神社の本殿は異なるご神体を祭っており、形と規模が同じ4社が南北1列に並び、短い橋で結ばれている。江戸期に建てられ、このような形は珍しく、県指定文化財となっている。

東播の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ