東播

  • 印刷
受賞を喜ぶ竹中計夫さん(左)と坂本七海男さん=松風ギャラリー
拡大
受賞を喜ぶ竹中計夫さん(左)と坂本七海男さん=松風ギャラリー

 兵庫県の「ともしびの賞」に選ばれたアマチュア写真家竹中計夫さん(84)と鉛筆画家坂本七海男さん(75)=ともに加古川市=の作品展が2日、同市野口町良野の松風ギャラリーで始まった。長年の創作活動を振り返る写真30点、鉛筆画22点が並ぶ。無料。

 同賞は地域文化の向上に貢献した個人・団体に贈られる。作品展は2人が昨年末に受賞したのを記念し、東播磨県民局が企画した。

 竹中さんは約60年間、地域の風景や鉄道にレンズを向けてきた。地元の仲間とともに写真展も定期的に開いており、今回は朝焼けの平荘湖畔や志方町の田園風景を捉えた作品などを紹介。「これからも懐かしい風景を未来に残していく」と話す。

 坂本さんは緻密な描写力を国内外で高く評価され、多数の受賞歴がある。地元や神戸の教室で後進の指導にも励む。出展作は疾走する蒸気機関車や映画スターなど多彩で、「賞を励みに精進し、いい絵を描き続けたい」と喜んでいた。

 8日まで。午前10時~午後5時(8日は同4時まで)。同県民局地域振興室TEL079・421・1101(代表)

(辰巳直之)

東播の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ