東播

  • 印刷
寒空の下、はつらつとプレーする選手たち=高砂市総合運動公園
拡大
寒空の下、はつらつとプレーする選手たち=高砂市総合運動公園

 兵庫県内の女子チームが集う「東播女子サッカーフェスティバル」(神戸新聞社など後援)が4日、高砂市米田町島の市総合運動公園であった。小学生チームと高校の各4チーム、計約120人が参加し、はつらつとプレーした。

 女子サッカーの普及と選手間の交流を目的に、市サッカー協会が1997年から毎年開いている。東播磨のほか、神戸市や北播磨などからも参加。8人制で、小学生は15分、高校は20分のハーフで、総当たりで戦った。寒空の下、選手は声を掛け合いながら、ボールを追い、ピッチを駆け回った。

 小学生の部に参加した「東播女子」は、1勝1敗1引き分け。垣本茉奈香主将(11)=母里小5年=は計3得点を決め、「コーナーキックや、相手の隙を突いたパスが通ってよかった」と話していた。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(5月29日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ