東播

  • 印刷
賞状を前に喜ぶ栄養教諭の(左から)佐用エリカさん、大西徳子さん、福森淳さん=稲美町役場
賞状を前に喜ぶ栄養教諭の(左から)佐用エリカさん、大西徳子さん、福森淳さん=稲美町役場

 農林水産省の「地産地消給食等メニューコンテスト」で、兵庫県稲美町の学校給食が10年連続で近畿農政局長賞に輝いた。米や大豆、ネギなどの町内産食材をふんだんに使ったメニューが高く評価された。考案した栄養教諭たちは「色んな料理を作れるのも、豊富な食材があってこそ。地元農家のおかげで受賞できた」と喜んでいる。(辰巳直之)

 コンテストは2008年度から開催。17年度は「学校給食・社員食堂部門」「外食・弁当部門」の2部門に、全国から83件の応募があった。同局長賞は近畿の団体が対象で、4件が選ばれた。

東播の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 70%

  • 12℃
  • 5℃
  • 60%

  • 10℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ