東播

  • 印刷
別府鉄道のレールが残る「松風こみち」を歩く参加者ら=加古川市野口町長砂
別府鉄道のレールが残る「松風こみち」を歩く参加者ら=加古川市野口町長砂

 兵庫県加古川市や播磨町を走っていた別府鉄道の歴史や遺構に触れる催し「別府鉄道廃線跡ウオーク」が12日あり、県内外の約40人が参加した。同市野口町長砂の円長寺公園に保存されている車両「キハ2号」や、レールが残る遊歩道を巡り、約10キロの散策を楽しんだ。

 キハ2号の修復に取り組む市民グループ「旧別府鉄道キハ2号を守る会」が、活動紹介や修復資金を募る目的で初めて企画。昨年秋に車体の塗装や防水工事を施し、今年は木造窓枠の修復にも取り組むという。

東播の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ