東播

  • 印刷
自作のガイド資料を見せる渡邊五郎さん=加古川市加古川町本町
拡大
自作のガイド資料を見せる渡邊五郎さん=加古川市加古川町本町

 兵庫県加古川市加古川町本町の郷土史愛好家、渡邊五郎さん(71)が28日、同市中心部の寺社や史跡を1人で案内する「ミニ歴史探訪」を始める。ボランティアで毎月1回、1時間程度のコースで歴史や伝承を分かりやすく紹介。「散歩がてら、地域の歴史ロマンを感じてもらえたら」と参加を呼び掛けている。

 渡邊さんは定年退職後に郷土史を学び、文献をひもとくだけでなく、寺社や地域住民からも聞き取り調査をした。観光客らに名所をガイドする「かこがわ ふるさと案内人の会」を立ち上げたが、昨年、病気で退会。体調が回復し、「地域住民らに、郷土史を学んでもらいたい」とミニ探訪を考案した。

 来年3月までの各月第4土曜(7~9月は休み)に開催。原則、毎回2カ所を巡り歩く。ネコのあだ討ち伝説がある「春日神社」(加古川町本町)や、町人の身代わりになったという「胴切れ地蔵」(同町平野)など、親しみやすい場所を盛り込んだ。石碑の文から独自に読み解いた、地域の歩みなども紹介。戦時中、特攻機を送り出した陸軍加古川飛行場などについて学ぶ座学の回もある。

 初回の28日は、午前10時に称名寺(同町本町)に集合。豊臣秀吉が軍議を開いたという加古川城跡や、近代の歴史的建造物である加古川図書館を巡る。

 詳細を記した案内ビラ約千枚を作り、JR加古川駅周辺地域に配布したほか、同駅構内の「まち案内所」でも配る。「実績を生かし、当時の人々の息吹が伝わるようなガイドで、生きた歴史を伝えたい」と渡邊さん。

 いずれも参加無料で申し込み不要。当日は各回所定の場所に集まる。集合場所に渡邊さんがいない場合は中止。ガイド資料を希望する人には、当日先着20人限定で配布(20~40円程度のコピー代必要)。(本田純一)

東播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 22℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 0%

お知らせ