東播

  • 印刷
合同行事で汗を流す高砂小学校と高砂中学校の子どもたち=高砂市内(高砂市教育委員会提供)
拡大
合同行事で汗を流す高砂小学校と高砂中学校の子どもたち=高砂市内(高砂市教育委員会提供)

 兵庫県高砂市教育委員会は4月から市内全域で公立小中学校の一貫教育を導入している。4年前に先行実施した高砂小、高砂中学校に加え、残る9小学校と5中学校が中学校区ごとに緊密に連携。目指す子ども像や取り組みを共有し、9年間を通じた「学びの連続性」を持たせる。

 同市での一貫教育は2014年度に、隣接する高砂小学校と高砂中学校で先行導入。この4年の経験を踏まえ、本年度から市内全域に拡大した。

 小、中学校ともそれぞれの校舎と体制などを維持したまま、小学生と中学生、教員同士の交流を促す。小中学校の教員はこれまでほとんど交流がなかったが、定期的に集まり、生活や授業の情報を交換し、合同の研修にも臨む。

 県内では、豊岡、姫路、小野市などで小中一貫教育を導入。神戸市の港島学園と、姫路市の白鷺小中学校は、小中を一体にした9年制の義務教育学校として運営している。(小尾絵生)

■「学びの質高まる」 高砂市教委Q&A

 高砂市で4月から始まった小中一貫教育。導入の目的や子どもたちの生活への影響について、高砂市教育委員会に話を聞いた。

 -なぜ一貫教育を取り入れたのか

 「9年間を見通して子どもたちの学びと育ちに連続性を持たせ、学ぶ意欲や学力の向上、豊かな心の育成につなげるのが目的。中学進学による環境の変化に戸惑う『中1ギャップ』の解消にもつながる」

 「高砂では以前から、就学前の幼稚園や保育園と小学校の連携が緊密でうまくできている。小学校から中学校への進学の過程も強化したい」

 -従来のカリキュラムから変更は

 「これまで通り学習指導要領に従ってカリキュラムをつくるため、授業内容に大きな変更はない。学年を前倒しして教えるようなこともない。ただ指導の際に、小学校の丁寧さやグループ活動を中学でも取り入れ、小学校でも教科書の範囲で中学校の専門的な考え方に触れるなど、相互のいいところを取り入れる工夫をする」

 -具体的な方法は

 「教員同士の交流を増やす。定期的な情報共有や研修を一緒に行う。これまでは小中で先生同士の交わりはほとんどなかった。地域ごとに設定した教育目標を共通に持ち、一緒に子どもを見ていこうという意識が生まれることで指導が変わる」

 -子どもたちの生活の変化は

 「高砂小と高砂中は校舎が隣接しており、合同運動会などを実現させてきた。ほかの学校は校舎が離れているが、小学生が中学校に1日体験に行ったり、中学校の生徒会が小学校に学校説明に行ったりと、交流の機会はつくれるだろう。あいさつ運動などを一緒に取り組んだ学校もある」

 「日々の生活で大きな変化はないが、先生の意識の変化を通じて、学びの質は高まるはず。保護者の安心感にもつながると思う」

東播の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

  • 39℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ