東播

  • 印刷
DIYをテーマとしたコミュニティースペース。溶接や木工の教室には、女性や子どもも参加する=加古川市別府町朝日町
DIYをテーマとしたコミュニティースペース。溶接や木工の教室には、女性や子どもも参加する=加古川市別府町朝日町

 アパレル通販会社「ワンピース」(兵庫県加古川市別府町)が昨年春以来、交流拠点「コミュニティースペース」を市内で計6カ所開設し、イベントや貸しスペースなどの事業を拡大させている。母親の仕事づくりやファッションなど、各スペースで異なる特色を持たせた。久本和明社長(34)は「人と人とのつながりづくりが、事業として成り立つことを示したい」と意気込む。

 コミュニティースペースは、昨年4月の「cohaco」(コハコ、加古川町寺家町)を皮切りに、加古川、尾上、別府、平岡町に開設した。それぞれ特色が異なり、例えば、別府町朝日町の「零factory」(ゼロファクトリー)は、家具作りや家のリフォームを自分で手掛ける「DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)」がテーマ。現在は溶接や木工のワークショップを開くほか、店舗器具やオーダー家具を製造している。託児スペースも設け、近隣から母親や子どもがDIYを身に付けようと、足を運んでいるという。

東播の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 17℃
  • 40%

  • 19℃
  • 13℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 30%

  • 22℃
  • 15℃
  • 30%

お知らせ