東播

  • 印刷
登山道に凜と咲くササユリ=加古川市志方町成井
拡大
登山道に凜と咲くササユリ=加古川市志方町成井

 兵庫県加古川市と高砂市にまたがる高御位山(標高304メートル)でササユリが見頃を迎えている。白やピンク色の大輪が山道に凜と咲き、登山客の目を楽しませている。

 ササユリは本州中部から九州にかけて分布するユリ科の多年草。「半日日なたで半日日陰」に咲くとされ、同山では東側の山道や山頂によく咲いている。

 かつて、同山では自生するササユリが多く見られたが、乱獲や温暖化などで年々減少。登山愛好家らのグループが、約10年間にわたり、球根を植えて個体を増やす取り組みを続けてきたことで、今では毎年約200本が咲くようになった。

 愛好家らによると、今年は例年より1週間ほど早めの開花。見頃は今週いっぱいと見込む。毎日、同山に登る高砂市の男性(76)は「けなげに咲いていてかわいらしい。自然のままの姿が美しいので、みんなで守っていきたいですね」と話していた。(津田和納)

東播の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ