東播

  • 印刷
かれんな花を付けたセンダン=稲美町中一色
拡大
かれんな花を付けたセンダン=稲美町中一色
淡い紫色に染まったセンダンの木=稲美町中一色
拡大
淡い紫色に染まったセンダンの木=稲美町中一色

 兵庫県稲美町のため池のそばで、センダンの花が見頃を迎えた。高さ約10メートルの木に、2センチほどのかれんな花がちりばめられたように咲き、地域住民らを楽しませている。

 センダン科の落葉高木で、5、6月に淡い紫色の花を咲かせる。ひょうご森のインストラクターで、同町で植物観察を続ける大路敬子さん(71)=同町=によると、万葉集に詠まれるなど、西日本を中心に古くから親しまれている。同町では、水辺などに多く自生し、建築材としても使用されているという。

 同町中一色にある尻ケ池のほとりでは、5月上旬に咲き始めた。近くで農業を営む女性(74)は「とてもきれいな花。良い香りがして、お気に入りの木です」と笑顔で見上げていた。(本田純一)

東播の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ