東播

  • 印刷
涼しげにポロシャツを着こなす市職員=高砂市役所
拡大
涼しげにポロシャツを着こなす市職員=高砂市役所

 兵庫県高砂市役所で、毎年恒例のオリジナルデザインポロシャツの着用が始まった。暑い季節に、市役所から軽装勤務を発信しようとする取り組みで、7年目。右胸には市のマスコットキャラクター「ぼっくりん」の刺しゅうが施され、愛きょういっぱいの笑顔を振りまいている。

 同市では6~9月をエコスタイル期間とし、軽装勤務を推奨して、エアコンの温度を下げすぎないよう呼び掛けている。環境政策課が入庁2年目の若手職員らに呼び掛け、デザインなどを募った。

 毎年デザインは変わり、今年は頰づえをつくぼっくりんと、市の木である松をあしらった。松葉1本1本が細やかな刺しゅうで表現されている。素材は速乾性のあるポリエステルで、色は全10色。職員向けに販売し、初回申し込みで463枚を販売した。

 今年は5着購入したという財政課の男性(37)は「着心地がよく、愛用しています。職員のユニホームのようで、着ると背筋が伸びますね」と話した。一般向けの販売はない。(小尾絵生)

東播の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ