東播

  • 印刷
加古川市役所=加古川市加古川町北在家
拡大
加古川市役所=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市は8日、住民票の写しなどを司法書士ら第三者に交付した際、本人に通知していない「通知漏れ」が2016、17年度で計13件あったと発表した。担当課のチェックミスが原因とみられ、該当者に謝罪したという。

 住民票の写しや戸籍謄本などを請求できるのは、本人や同一世帯の家族らに限られている。例外として司法書士や行政書士ら8業種も職務上必要な場合に請求できるが、不正取得が相次いだことから全国の自治体で「本人通知制度」が導入された。

 加古川市は事前に登録した市民らに通知しており、5月末現在で980人。

 今回通知していなかったのは16、17年度に対象となった118件のうち13件。4月に17年度分を集計した際、通知漏れが判明した。制度が始まった13年度までさかのぼって調べたという。

 通知漏れに伴う被害は確認されていないといい、今後は交付を受け付けた後、台帳に記入して通知漏れを防止するという。

 事前登録の申請については市民課TEL079・421・2000

(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ