東播

  • 印刷
小学生らを案内する藤田仟麿宮司(中央)=天満神社
拡大
小学生らを案内する藤田仟麿宮司(中央)=天満神社

 天満神社(兵庫県稲美町国安)の歴史や地域の伝承を学ぶ体験活動が9日、同神社で開かれた。近くの天満小学校の児童18人が、探検家になった気分で境内を見学し、地元への関心を深めた。

 子どもたちに地域の歴史や文化に親しんでもらおうと、同町教育委員会などが初めて企画。保護者5人も参加した。

 神社の拝殿や境内にある彫刻や神木などを「なぞのポイント」と想定し、藤田仟麿宮司(83)が由来や伝承を解説。児童たちは熱心に耳を傾け、探検手帳にメモを取っていた。社務所では室町時代の絵巻物を見学し、同神社がまつる菅原道真の生涯を学んだ。

 最後に独自の検定があり、合格者には認定証が贈られた。満点で1級に合格した5年の男児(10)は「いろんなことに意味があることが分かった。秘密を知ることができて面白かった」と笑顔。藤田宮司は「地域を知り、古里を愛する心を育てる良い機会となった」と話していた。(津田和納)

東播の最新
もっと見る

天気(12月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 40%

  • 13℃
  • 3℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 13℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ