東播

  • 印刷
地震の影響でJR線がストップ。構内は通勤客で混み合った=18日午前9時、JR加古川駅
拡大
地震の影響でJR線がストップ。構内は通勤客で混み合った=18日午前9時、JR加古川駅

 大阪府で18日午前に起きた震度6弱の地震で、兵庫県東播地域も交通機関が乱れ、小中学校の一部で影響が出た。

 JR西日本は、発生直後から神戸線や加古川線で運転を取りやめ。JR加古川駅構内は大勢の通勤通学客であふれかえり、バスやタクシー乗り場には長い列が延びた。

 駅前では携帯電話を手に右往左往する人の姿も見られた。神戸市に通勤する男性会社員(43)は「電話がつながらず、何の判断もできない」と疲れた表情。京都の大学に通う男子大学生(21)は「休講の情報が入ったので帰る。今後もどうなるか…」と心配した。

 登校時間帯に発生したため、加古川市内の小中学校では教員が教室や通学路を回って児童生徒の安全確認を行ったり、余震に備えて校庭で一時待機させたりしたという。

 また、17日に告示された加古川市長選・市議選では、選挙カーから余震への注意を呼び掛ける候補者もいた。JR神戸線がストップしたため、応援に来るはずの議員が来られない陣営もあった。(まとめ・津田和納)

東播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 18℃
  • 14℃
  • 20%

  • 15℃
  • 8℃
  • 60%

  • 19℃
  • 12℃
  • 20%

  • 18℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ