東播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 兵庫県高砂市中心部にある「明姫幹線南A地区」(同市伊保4、伊保東2)のまちづくり協議会が26日、高砂市の登幸人市長にまちづくり計画案を提出した。同地区は市街化調整区域の一部で、宅地や商業地への転用が長年制限されてきた。計画案ではA地区の一部を、商業や工業、住宅などの用途に特化した地区に分け、町並みを守りながら土地の活用を進める提案をしている。

 明姫幹線(国道250号)と新幹線に挟まれた明姫幹線南地区は約100ヘクタールの広さがあり、1971年に市街化調整区域に指定された。町並みや農地の保護を目的に、農地は建物のない資材置き場や駐車場にしか転用できず、商業施設や住宅建物などは原則新設できない状態が続いた。

東播の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 24℃
  • 10%

  • 37℃
  • 28℃
  • 20%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ