東播

  • 印刷
東播磨フィールドステーションの看板を除幕する関係者ら=加古川市神野町神野
東播磨フィールドステーションの看板を除幕する関係者ら=加古川市神野町神野

 市民と大学、行政が協力し、地域のさまざまな課題について解決策を探る交流・研究拠点「東播磨フィールドステーション」(兵庫県加古川市神野町神野)の開所式が30日にあった。東播磨県民局が設置し、神戸大が運営。研究には京都大と県立大も携わり、同日、4者が連携協定を結んだ。7月から本格的に稼働し、新しい地域づくりのモデルを構築する。

 県民局と神戸大などはこれまで、東播地域にあるため池について、維持管理の実態を調査。高齢化や担い手不足などの課題に直面し、持続可能な地域づくりを模索してきた。

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ