東播

  • 印刷
兵庫大の学生による健康教室に参加した在日外国人たち=ウェルネージかこがわ
拡大
兵庫大の学生による健康教室に参加した在日外国人たち=ウェルネージかこがわ

 兵庫大学(加古川市平岡町新在家)の学生による在日外国人向け健康教室が1日、JR加古川駅北側の「ウェルネージかこがわ」で開かれた。看護学部の学生約20人が、市内に住む外国人らの健康をチェックし、生活習慣などについてアドバイスした。(小森有喜)

 同大は学生の国際交流や実習教育を目的に、昨年から稲美町で同様の健康教室を開催。より多くの外国人に対象を広げようと、今年は加古川市でも企画した。

 今回参加したのは市内のネパール人やフィリピン人ら。学生たちは機器で血圧や体脂肪率を測ったり、腰痛を予防する体操を一緒に楽しんだりした。骨密度の計測では、骨を丈夫にするためには適度な運動や日光浴が欠かせないことを、身ぶり手ぶりを交えながら説明した。

 このほか日本文化を体験するコーナーも設けられ、参加者は抹茶を味わったり、折り紙を折ったりして学生と交流した。

 同大4年の学生(21)は「風邪の予防法や日本の病院の利用方法など、分かりやすい言葉で伝えられたと思う」と話していた。

東播の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 40%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ