東播

  • 印刷
配信が始まった「かこがわ防災アプリ」の画面=加古川市役所
拡大
配信が始まった「かこがわ防災アプリ」の画面=加古川市役所
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県加古川市は、災害時の避難勧告の発令などを知らせるスマートフォン向けアプリ「かこがわ防災アプリ」の配信を始めた。現在地や事前登録した自宅などの地域ごとに、ピンポイントで通知が届くのが特長。同時にスマホや携帯電話を持っていない高齢者ら向けに、固定電話を通じて音声で緊急情報を伝えるサービスもスタートした。

 地震や洪水発生時に市が発令する緊急情報は、避難準備・高齢者等避難開始▽避難勧告▽避難指示(緊急)-の3種類。これまでは「防災ネットかこがわ」の登録者にメールで知らせるなどしていたが、市内全域の情報を一括して送るため、無関係な地域にも届いていた。防災アプリは発令した地域を対象に、大字単位で「プッシュ通知」できるため、必要な市民に的確に伝えられるという。

 音や表示で知らせる「プッシュ通知」にはログインが必要だが、市危機管理室の担当者は「地域に危険が迫っているということを知らせることができ、市民の素早い避難につながる」と期待する。

 また1人暮らしの高齢者や障害者、子どもら災害弱者を想定し、本人に避難勧告などを通知した際に、同時に家族にメールで知らせる機能も盛り込んだ。離れて暮らす家族らでも情報が得られ、通知時の位置情報も合わせて送信するため、避難しているかどうかも確認できるという。

 固定電話向けのサービスは、避難勧告などが発令されれば電話がかかり、自動音声で対象の地域などを知らせてくれる仕組み。申込書を提出して事前登録することが必要で、内容は地域ごとではなく、市内全域の情報になる。逆に電話をかけて内容を聞く自動応答サービス(050・5212・5262)もある。

 アプリは配信サイトで「かこがわ防災アプリ」と検索し、無料で取得できる。市が今年3月から配信を始めた「かこがわアプリ」とも連携しており、同アプリからのログインも可能。市危機管理室TEL079・427・9721

(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ