東播

  • 印刷
作成に携わった「そだつマップ」を手にする「Bubu」のメンバーら=播磨町北古田1
拡大
作成に携わった「そだつマップ」を手にする「Bubu」のメンバーら=播磨町北古田1

 発達が気になる子どもを持つ兵庫県播磨町の母親らがサークル「Bubu(ぶぶ)」を立ち上げた。東播磨3市2町を対象に、放課後等デイサービスと児童発達支援事業所計61カ所を記したマップの作成に携わり、後輩ママへのQ&A集を手掛けるなど活発な活動を続けている。(広岡磨璃)

 立ち上げのきっかけは、障害者支援に取り組むNPO法人「アエソン」(播磨町)。製薬会社ファイザーの助成を受け、孤立しがちな障害児の母親らを支援するため支え合いや支援者の育成に取り組んでいる。

 アエソンが企画したランチ会に参加した母親ら約10人でサークルを結成。お茶(ぶぶ)を飲みながら悩みを打ち明け合ってきたことから「Bubu(ぶぶ)」と名付けた。

 放課後等デイサービスの事業所が急増する中、「自分たちの知りたい情報を集め、広く活用してもらいたい」との思いから、播磨町地域自立支援協議会によるマップづくりに協力。3月に「そだつマップ」を完成させた。施設の所在地や療育支援の内容、専門職の有無をまとめ、役所に配布したほか同協議会のホームページで公開している。

 アエソンは今年、子どもらのトイレトレーニングや接し方など保護者向け講座を計7回開催。Bubuがその講座の内容をまとめ、自分たちの経験も踏まえて後輩ママの育児に役立つQ&A集の作成に当たっており、今冬にも完成させる。女性(40)=播磨町=は「小さなことでも相談し合える仲間は貴重。ここで得られたことが、今悩んでいるママの助けになれば」と話す。

 講座は現在も続いており、偏食などをテーマに今月12日と9月27日、10月25日の午前9時45分~正午、播磨町北古田1の地域連携交流施設で開催する。無料。アエソンTEL079・437・0037

東播の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ