東播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 従来の一般葬に加え、家族葬、直葬などが現れ、葬儀が多様化している。それぞれ、費用はどれくらいかかるのだろうか。

 鎌倉新書の2017年調査で、葬儀にかかった平均総額(お布施を除く)は、兵庫県で164万円。内訳は、葬儀費104万円▽飲食費27万円▽返礼品34万円だった。葬儀そのものの費用(全国)で最も多い価格帯を種類別にみると、一般葬は100万~120万円、家族葬は80万~100万円、一日葬40万~60万円、直葬20万~40万円だという。

 家族葬や一般葬に明確な定義はない。業者側が参列者数に応じてプランを分けているケースが多く、10人以下や30人以下を「家族葬」と位置づける。名称から、親しい友人が参列できないと思い込んだり、遠戚の親族を呼ばないことがトラブルにつながったりする場合もある。

 費用面で気になるのが、読経に対するお布施。寺院側の言い値や、親戚や同じ寺の檀家への聞き取りで、支払額を決める場合が多い。葬儀の際にかかった寺院費用平均は近畿で46・5万円(日本消費者協会調べ)。業界に波紋を呼んだネット注文の「お坊さん便」は直葬で3万5千円、家族葬・一般葬の場合は10万円台。

 海に散骨する場合、業者への委託費5万円▽複数の家族による合同散骨は1家族当たり10万円▽一家族単独20万~30万円-が目安。散骨場所を条例で規制したり、ガイドラインで示したりしている自治体もあり、個人で行う際は確認した方が良さそうだ。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ