東播

  • 印刷
凱旋ライブ「ただいま、いってきます!」を3月に開く森本千鶴さん(左)とヤエオ雄太さん=神戸新聞東播支社
拡大
凱旋ライブ「ただいま、いってきます!」を3月に開く森本千鶴さん(左)とヤエオ雄太さん=神戸新聞東播支社

 兵庫県加古川市出身の音楽ユニット「call it sings(コール イット シングス)」が結成から5周年を迎える。ボーカルの森本千鶴さん(36)とピアニストのヤエオ雄太さん(35)で、現在は東京を拠点に活動している。3月9日に市内で凱旋ライブを開く予定で、森本さんは「やっと2人の音楽観が重なってきた。生の演奏を聞いてほしい」と話している。(津田和納)

 22歳の時に母親を亡くした森本さんは、歌うと心が癒やされると感じ、プロの歌手を目指した。2009年に上京し、シンガー・ソングライターとして活動する。ピアニストのヤエオさんは高校時代に作曲を始めた。人気劇団「キャラメルボックス」など、これまで数々のアーティストに楽曲を提供してきた。

 2人は14年3月にユニットを結成。現在は東京都内のライブハウスで月4回ライブを開くほか、福岡市の「博多どんたく港まつり」でも毎年演奏を披露。東日本大震災で被災した岩手県大船渡市にも足を運び、歌声で勇気づけてきたという。ヤエオさんは「互いの性格や音楽性が違うのがネックと思っていたが、5年間で自然体の良いメロディーが生み出せるようになってきた」と話す。

 加古川市とのつながりも大切にし、15年には市内の中学生が作った詩「絆」の作曲を担当した。今年3月にはアルバム「LIFE」を発表予定。森本さんは「節目となる年に、自分たちの原点に立ち返り、2人にしかできない音楽をライブで奏でたい」と意気込む。

 活動の最新情報はホームページで確認できる。ライブ会場は同市加古川町寺家町のコワーキングスペース「マイスタ加古川」。2部制で、午後0時半と同4時半開演。2千円。若干席が残っている。予約が必要。マイスタ加古川TEL079・440・7156(午前9時~午後7時)

東播の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 32℃
  • 25℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 50%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ