東播

  • 印刷
「高砂昭和まち博」で展示される家電製品やおもちゃ=高砂市高砂町今津町
拡大
「高砂昭和まち博」で展示される家電製品やおもちゃ=高砂市高砂町今津町

 兵庫県高砂市内に残る昭和の風情を楽しむ催し「高砂昭和まち博」が23日、山陽電車高砂駅南側一帯で始まる。築約200年の工楽松右衛門旧宅(高砂町今津町)など8カ所でアトラクションや寄席、無声映画上映会などがあり、主催する市観光交流ビューローは「平成の最後に、遠くなっていく昭和の面白さに触れて」と呼び掛けている。31日まで。

 高砂駅南側には昭和初期の迎賓館のほか、江戸期の古民家や蔵もあり、県の歴史的景観形成地区に指定されている。その町並みをアピールしようと企画した。

 各会場には昭和の香りがする展示物がたっぷり。工楽松右衛門旧宅には、1970年の大阪万博の記念メダルやダイヤル式の電話機などが並ぶ。古い家電製品やおもちゃの写真を見て名前を答える「昭和クイズ」もあり、高得点者に景品が贈られる。

 30日には旧宅の裏庭で「ミニ朝ごぱん市」があり、地域の飲食店約10店がパンなどを販売する。

 明治後期の町屋、大崎家住宅(同町藍屋町)で昭和のレコードを自由にかけることができ、多目的スペースの高砂や(同町鍛冶屋町)では、100円で射的や輪投げなどを楽しめる。

 高砂地区コミュニティセンター(同町北本町)は多彩なイベントを計画。23日午後2時、寄席▽24日午後1時、無声映画上映会▽31日午後1時、昭和フォーク・歌謡コンサート。江戸後期の土蔵、松宗蔵(同町東浜町)では期間中の土、日曜に短編映画を上映する。いずれも無料。

 工楽松右衛門旧宅TEL079・490・4790

(本田純一)

東播の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ