東播

  • 印刷
加古川市役所=加古川市加古川町北在家
拡大
加古川市役所=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市は18日、市内の認定こども園10園に対する2018年度の給付費のうち計約3360万円が過払いだったと発表した。保育教諭を多めに配置した施設に加算する計算方法を誤ったといい、10園の9事業者に最大約740万円の返還を求めた。

 市幼児保育課によると、認定こども園は1号認定(幼稚園児に相当)と、2号認定(保育園児に相当)の子どもが利用。うち3歳児以上を担当する教諭を、定められた基準より多く配置した場合、給付費が加算される。対象となる人数は上限があり、園の利用定員ごとに定められている。

 1、2号の子どもの数を合計して加算の対象を判定すべきところ、誤ってそれぞれで算定。23園中の10園で教諭1~2人分の過払いが生じた。期間は園によって異なり、過払い額は約25万~約740万円だった。

 同課は昨年8月、計算方法について兵庫県に電話で問い合わせていたが、担当者は「こちらの説明不足で、正しいと回答されたと思い込んだ」と釈明。今月になって他市から指摘があり、誤りが発覚したという。9事業者とも19年度中に返還する意向を示しているといい、利用者への影響はない見込み。(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(5月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 24℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ