東播

  • 印刷
写真や絵画など力作が並ぶ稲美町美術協会展=ふれあい交流館
拡大
写真や絵画など力作が並ぶ稲美町美術協会展=ふれあい交流館

 兵庫県稲美町内などの美術愛好家が1年間の成果を発表する「稲美町美術協会展」が、同町国安のふれあい交流館2階ホールで開かれている。絵画や写真などの分野で68点が並ぶ。新元号「令和」の典拠となった歌集「万葉集」の一節をしたためたかな書もある。

 同協会には50~80代の会員約50人が所属する。会員のほか、交流を続ける播磨町美術協会と東播磨高校の美術部、書道部からも出品があった。

 書は万葉集の短歌をはじめ、漢書や「龍」「翔」の漢字一文字など。写真の分野でも、明石海峡に沈む夕日など万葉集で詠まれた風景を題材にした作品が目を引く。夜桜や梅とウグイスなどの日本画、菜の花畑を描いた油絵など絵画も力作がそろった。中嶋修市会長(71)は「斬新さは少ないが、味わいがある作品が多い」と話している。

 27日まで。午前9時~午後5時(最終日は午後3時まで)。入場無料。ふれあい交流館TEL079・492・7700

(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 70%

  • 22℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ