東播

  • 印刷
昨年の「踊っこまつり」で熱演するチーム=加古川市役所前広場
拡大
昨年の「踊っこまつり」で熱演するチーム=加古川市役所前広場

 兵庫県内有数の踊りの祭典「第21回踊っこまつり」が2~4日、加古川市と稲美町の計8会場で開かれる。県内外の75チーム、約2600人が出演し、多彩な踊りを繰り広げる。無料。

 NPO法人「踊っこまつり振興会」が主催。ゴールデンウイークの一大イベントとして定着し、毎年10万人以上が訪れる。

 2日午後6~9時の前夜祭で幕開け。加古川市役所前広場(加古川町北在家)で14チームが出演する。3日(午前10時半~午後6時)は7会場を各チームが巡回して演技。終日、無料巡回バスを運行する。4日(午前10時半~午後9時)は加古川市中心部の3会場で踊る。今年は最終日の会場数を絞り、じっくりと演舞を楽しめる構成にした。

 各チームが表現力や衣装、舞台の構成で競い、4日に表彰式がある。また、踊ってみたい人向けに、3、4日当日に「にわかチーム」を結成。振り付け指導を受け、ステージで踊ることができる。参加費1人千円。

 市役所前広場一帯では3、4日、関連イベント「ぐぅっと!かこがわフェスティバル」を開催。かつめしや新登場の地元スイーツ「加古川おくるみおやつ」などを楽しむコーナーや、ハンドメイド作品が集まる「ピクニックマーケット」などを企画している。

 踊っこまつり振興会TEL079・436・4351

(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ