東播

  • 印刷
恵幸川パリブレスト
拡大
恵幸川パリブレスト
パティシエ梅林将之さん=プルニエドボワ
拡大
パティシエ梅林将之さん=プルニエドボワ

■兵庫県加古川市「プルニエ・ド・ボワ」

 パリッと香ばしく焼き上げたシュー生地に挟まれているのは、たっぷりのカスタードクリーム。モチーフはフランス伝統の「パリブレスト」だが、ただの洋菓子と侮るなかれ。

 名称の「恵幸川」は、加古川市のご当地鍋「恵幸川鍋」からで、クリームに、こうじ屋「高松清太夫老舗」のみそと、酒蔵「岡田本家」の酒かすを使用する。

 頬張ると、まずはザクザクとした食感と、アーモンドの華やかな味わい。遅れて深い和の香りが絡む。まさにフランスと加古川の伝統が出会った、幸せな味。これはただものではない。(切貫滋巨)

 【パティシェ 梅林将之さん(23)】 みそも酒かすも素晴らしい食材なので、どうすれば引き立て合うかに苦心しました。本家パリブレストはリング状ですが、こちらはエクレアサイズで、そのままかぶりついて丸ごと楽しむのがお勧め。1個486円。前日までに予約が望ましい。加古川市野口町二屋104。TEL079・456・1878

東播の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 70%

  • 22℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ