東播

  • 印刷
天に向かって色とりどりの花を咲かせるルピナス=加古川市志方町横大路
拡大
天に向かって色とりどりの花を咲かせるルピナス=加古川市志方町横大路

 空に向かって花を咲かせる「ルピナス」が、兵庫県加古川市志方町横大路の休耕田で見頃を迎えている。紫、ピンク、赤など色とりどりの花が咲き誇り、地元ボランティアグループ「ふれあい農園」は4~12日、「ルピナスまつり」を開く。

 同グループが地域活性化を目的に、2008年から栽培。1千平方メートルに4千株を植え、今年は寒さで開花が遅れたが、5月いっぱいは楽しめるという。ルピナスの隣の休耕田では、ストロベリーキャンドルやポピーも栽培している。

 同グループの石原明昭代表(78)は「『ルピナスの里』の愛称が定着し、遠方からも来てくれる。まつりもたくさんの人に楽しんでほしい」と話す。

 午前10時~午後4時。ルピナスに隣接する横大路児童公園で、地元産の米や野菜、焼きイモなどを販売する。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ