東播

  • 印刷
ほおずきケアプランセンター加古川の藤森愛子さん
拡大
ほおずきケアプランセンター加古川の藤森愛子さん
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 かこじぃ80歳、かこばぁ74歳は、兵庫県の東播地域で二人暮らし。長男、長女がいるが、神戸市、大阪市に家を構えており、帰ってくるのは盆と正月くらい。少し先行きが不安になってきたが、老齢期の備えをどうしていいか分からない。

 かこじぃ これからもわしら2人で暮らしていくことになるんかのぉ。最近は老人ホームや高齢者向け住宅のチラシもよく見るけど、違いがよく分からん。ばぁさん、「ケアマネジャー」の人なら詳しいじゃろ。「ほおずきケアプランセンター加古川」の藤森愛子さんたちに教えてもらおか。

 かこじぃ 最近、年寄り向けにいろんな住まい方があるそうじゃな。教えてくれんか。

 藤森さん 手すりや段差解消など自宅を改修し、訪問介護や訪問リハビリテーションといったサービスを受けながら住み続けるという選択肢もありますよ。

 かこばぁ 周りで老人ホームに入る人も増えてきましてね。

 藤森さん 老人ホームにも種類があります。主には、介護保険を使って入所できる「特別養護老人ホーム」(特養)。常に介護が必要な人が入る施設で、入居は原則、要介護3以上。入所待ちが多いのが難点です。介護保険を使って入れる施設にはほかに「介護老人保健施設」(老健)があります。病院を退院した後、自宅での生活に向けたリハビリをする施設です。ほかに「有料老人ホーム」があります。主に民間企業が運営し、特養より割高。大半が要介護、要支援認定がなくても入居できます。

 かこじぃ ほかに元気なうちから住めるところには何があって、どんな支援が受けられるんじゃ。

 藤森さん 割安のものでは、ケアハウスがあります。身の回りのことはできても、独立した生活には不安がある人向けです。食事が出るほか、緊急ブザーなどで見守りが受けられます。介護が必要になったら退去しなければならない種類の施設もあります。

 藤森さん ここ10年でできた制度としては、「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)があります。ケアハウスより割高な施設が多いのですが、こちらも食事や見守りのサービスが受けられます。設備の質を確保するため、国が登録制度を設けました。家賃を抑えるため、登録を受けず独自の基準で運営する高齢者向けの賃貸住宅も増えています。

 かこばぁ どこに入るにも、お金のことは気になるわねぇ。

 藤森さん 特養の場合、介護サービスに対する利用者負担額(1割の場合)が要介護3で2万円余り。別途、部屋の居住費、食費などがかかり、収入にもよりますがざっと10万円前後です。有料老人ホームは、豪華な施設もあり、費用は施設によって大きく異なります。サ高住も幅はありますね。

 かこじぃ 夫婦一緒に入れるんじゃろうか。

 藤森さん 有料老人ホームやサ高住には2人部屋もあります。ですが、単身者向けの部屋が多く、夫婦部屋は空きが少ないですね。夫婦で暮らすのなら、施設選びに時間がかかると思います。ちなみに元気なうちから入居する場合、安全確保の観点から外出が制限される老人ホームもあります。

 かこばぁ 悪徳業者や倒産のニュースも見るし、どう選べばいいか不安になるんよ。

 藤森さん 必要以上に介護サービスをつける事業者や、十分な見守りが受けられないケースは確かにあります。ただ、評判や実情は介護事業者間で常に情報交換しています。相談してみてください。(まとめ・広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ