東播

  • 印刷
将棋の駒をイメージした「金将かすてら」を手にする真鍋明宏さん、祐子さん夫婦=加古川市役所
拡大
将棋の駒をイメージした「金将かすてら」を手にする真鍋明宏さん、祐子さん夫婦=加古川市役所

 「棋士のまち」兵庫県加古川市のPRに一役買おうと、同市の洋菓子店が、生地の色やパッケージなどで将棋の駒を表現した「金将かすてら」を発売した。将棋にちなんだスイーツは市内にほとんどなく、「加古川土産にどうぞ」とアピールする。

 「ル・シエル・ド・パリ」(同市平岡町一色)のオーナー真鍋明宏さん(34)が企画。息子が将棋崩しで遊ぶ姿にヒントを得て、約1年かけて完成させた。

 独特の形の箱にはコストもかかったが、見た目のインパクトにこだわった。表面には、若手棋士の登竜門、「加古川青流戦」決勝会場となる市内の古刹、鶴林寺の三重塔や本堂のイラストをあしらった。ふたの裏には加古川と将棋の関わりを解説している。

 カステラは一つずつ包装。黄身の色が鮮やかな卵を原料に使い、黄金色の生地にちなんで「金将」と名付けた。卵や蜂蜜など原料にこだわり、こくや風味がしっかりしているという。

 14日に大阪市内であった青流戦開幕戦で提供され、早速、棋士も味わった。真鍋さんは「手土産として棋士のまちをPRする存在になれば」と期待する。1個216円、5個入り1箱1404円。同店TEL079・436・0081

(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 30℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 15℃
  • 0%

  • 32℃
  • 18℃
  • 0%

  • 34℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ